同じコンサルティングを受けても結果は個人によります

>

最初からうまくは行かない

お客さんの定着

ネットショップをいざ立ち上げ、最初はお客様から好評でも、だんだんと客足が遠のいていく…こうなると、継続をすることはとても難しい状態ですね。
ネットショップは競合もたくさんありますので、お客様を定着させることは難しい事です。そこで「他店とは差別化を行う事」を一つの案として岩松さんは提案しています。
商品の差別化でも、サービスの差別化でも、とにかく「この店ならではの何か」が無いと、中々お客様は定着してくれません。
集客の工夫に関しては多少手のかかるものですが岩松さんが詳しくコンサルティングをしてくれますよ。面倒くさがらずに実践してみれば効果はあると思います。
お客様に継続して物を購入して頂き、利益をあげる事でショップは継続していきますがそれには多少の時間がかかります。

常に改善

どのお仕事もそうですが、常に業務内容を見直し改善をしていかないと結果(=利益)を出すことは出来ません。ショップを立ち上げてうまく行かない場合、何かしらの原因があるはずです。
自分がお買い物をする場合でも、数か月前の商品がまだサイトのトップになっていたり、更新日時が止まっているサイトでお買い物をしたいとは思いませんよね。どうしたらお客様の購買意欲が増すサイトを作れるか、これは商品だけの問題ではありません。
岩松さんのコンサルティングでももちろん、この問題について相談に乗ってくれます。
豊富な経験から提案をしてくれるでしょう。しかし、どんなにいい提案をしてくれてもそれを実践できるかどうかは本人次第なのです。
物販ビジネスは相当の運と流れに乗らない限り、明日からうまく行くものではありません。
うまく行かない時のお薬、それが岩松さんのコンサルティングなのかもしれません。服用して、改善していきましょう!


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑